新人のアシスタントがお客さんとのふれあいを経験し始めるころには、お客さんとしては思っていた以上に施術に時間がかかったり、ちょっとこれまでとは違うお店の雰囲気に戸惑ったり、と色々な事があると思うのです。ですが今自分を担当してくれれている美容師にもそういった時代があった、という事ですよね。そういった新人時代を乗り越えたからこそ今の美容師の姿がある訳で、その新人時代に快く経験を積ませてくれたお客さんたちの存在もその美容師の糧になっているはずです。そう考えれば今の新人たちにも応援する気持ちを持ってあげたくなるものですよね。どうぞ、自分が練習台になってもいいですよ、というぐらいのおおらかな気持ちを持ちたいものです。なにかと緊張している様子や不安そうな顔を見てしまうと、こちらまで不安になってしまうのもですが、それでもすぐ後ろには先輩美容師が付いてくれているのですし、致命的なミスをするような事はほとんどないと思われます。そのためにお客さんの前に出るまでに一生懸命に練習もしてきたのでしょう。よほどのことがあれば先輩美容師が変わってくれるはずです。そういったお客さんたちの受け入れがあって初めて美容師たちは成長していけるのだ、という事をお客さんも美容師たちも認識しておきたいものですね。

ことばづかいに注意

新人のアシスタントがお店に出るようになると、どうしても指導係の先輩美容師とのやり取りがお客さんの耳にも入ってきますよね。そういう時にその美容室内の人間模様がすこし伺えたりもするものですから、美容室側としては注意したいところです。新人がミスをしてしまった時、新人がお客さんに謝るのは当然のことなのですが必要以上に先輩美容師に謝っている様子と言うのは見ていてあまり気分の良いものではありません。明らかに上下関係が厳しく、新人のアシスタンとは先輩美容師に叱られる事を恐れている、という雰囲気だとその場に居合わせるお客さんとしては、見てはいけないものを見てしまったような気持になることでしょう。たとえ新人であっても一人の美容師としてきちんとした言葉遣いで指導をする、決してお客さんの前ではよほどのことが無い限り声を荒げるような事はしない、といった美容室内でのルールの様なものが必要かもしれません。お客さんに対してミスをして叱られるのは仕方のないことかもしれませんが、それもお客さんの目の前で必要以上に叱ることはしない方が良いでしょう。さりげなくフォローしてお店が閉店してから丁寧に指導する、といったお客さんへの配慮が必要だと思います。スタッフ同士の言葉遣いと言うのは意外とお客さんは耳に入ってくるものですよね。

おすすめサロン

口コミを見て下さい♪♪
城南にある美容院
幅広い年齢層のお客様の信頼が人気の証
能見台にある美容院
店内は白とブラウンを基調とした温かい雰囲気
調布にある美容院