新人のアシスタントがお客さんの前へ出るようになると、もちろん本人の所作や技術もとても重要になりますが、それ以上に大切なのはその新人を見守り指導をする教育係の先輩美容師の存在ではないでしょうか。気にしなければならないのはいくら新人だから、といってもお客さんに不快な思いをさせることは許されません。それは新人アシスタント一個人の問題ではなくてお店全体の信用の問題となるからですね。新人である、という言い訳は内部には通用してもお客さんには通用しませんし、関係ない話です。お客さんに不快な思いや危険が及ぶ一歩手前て見極めて制止したり手助けする事が出来るか、という事が先輩美容師には問われると思います。またその新人アシスタントと教育係の先輩美容師との相性、というのも大切でしょう。好き嫌いで決める事は出来ないと思いますが、明らかにその新人美容師を委縮させてしまうような存在の教育係では困りますね。出来るはずの事も極度の緊張で出来なくなってしまう事は誰にでも経験があると思うのですが、それが「先輩に怒られる」という理由であってはいけない、と思いますね。教育係となる先輩美容師は、後輩を育てる、という面と、お客さんの安全を守る、という両面から新人を見守らなくてはならないでしょう。

時間がかかる

どうしても新人のアシスタントが担当するとベテランの美容師が担当するのとは違って色々と時間がかかる、という事があります。ですから最初のうちは全てを一人でやらせる、という事はなかなか難しいかもしれませんし、お客さんの理解も必要となることでしょう。たとえばロッドを巻く、という時にはなれない新人一人に任せてしまうととても時間がかかってしまいます。もともとパーマと言うメニューは時間がかかるものですからお客さんもそこそこは時間がかかることを承知しているとは思いますが、来店してみて初めて新人がロッドを巻くのを担当する、となるとお客さんが想定している以上に時間がかかることも大いに考えられます。最初に「新人が担当するので時間がかかるけど良いか」という事を本当は聞くべきなのかもしれません。ですがそう聞いてしまうと「それは困る」というお客さんも出てくるかもしれませんし、そうやって断りつづけられたらなかなか新人のアシスタンとは経験を積む事が出来なくなりますから難しいところです。多くの場合には最初のうちは一人出まかせないで先輩の手伝い、ぐらいの仕事量で入る事が多いようですが、左右に分かれて担当していると巻き方が右と左で違うのでは?と不安になってしまうお客さんもいるかもしれませんね。

憧れの美髪サロンへ

ハイクオリティな技術で通いやすいリーズナブルな価格
桜新町にある美容院
当店はこだわりの技術と店内が自慢です
綱島にある美容院