夏に向けて意識しなくてはならない事は暑さだけではありません。紫外線対策もとても重要です。特に夏場に仕事などで屋外に出ている時間が長い、という人はきちんと紫外線対策をする事が大切でしょう。これは髪の毛が頭皮ばかりではなく肌に対しても言われている事で、近年の猛暑や酷暑に対しては本当に大切でしょう。肌の紫外線対策というのは良く聞きますが髪の毛に対する紫外線対策というのはあまり聞きなれないかもしれません。ですが夏場のシャンプーやトリートメントのCMでは「紫外線から守る」というワードがよく使われるようになりました。何らかの対策をする事が髪の毛をダメージから守ることになるのでぜひ気を付けておきたいですね。夏場のダメージはその時にも気になるかもしれませんが、涼しくなった秋ごろから一気にキレ毛や抜け毛といった症状で現れる事も多いのです。秋は抜け毛の季節、というのはそういうことなのかもしれませんね。具体的には急に日差しの強い日が来ても大丈夫なように紫外線を遮る帽子や日傘などを準備しておくこと、トリートメントなども紫外線対策効果のあるものを選んでおくとよいでしょう。また肌と同様に髪の毛に対する日焼け止めヘアクリームも販売されていますから、手に入れておきたいですね。

長さの調節

結局のところ夏のヘアスタイルとしては、ショートにするかまとめ髪にするか、という選択になると思います。やはり中途半端なヘアスタイルはとても暑苦しく見えますし、顔周りに汗で髪の毛がへばりつくような様は見ている方も気持ち良いものではありません。できるだけすっきり見せるのが一番だと思うんですね。そうなってくるとどうすればよいのか、というとショートにしたい、という時には暑い時期が来て自分が思った時にバッサリと切ってしまえばよいかもしれません。そういう人が一番多いのではないでしょうか。ですがまとめ髪にして夏を乗り切りたい、という場合にはきちんとまとめられるだけの長さが必要になります。この場合には夏が来たから伸ばそう、というのでは遅いですよね。最初から夏になる頃にはこれぐらいまでに延ばしておきたい、という目安を付けておく必要があります。また逆の場合もあります。かなりのロングヘアである場合には、まとめられる長さまで切ってすっきりさせよう、と思う事もあるかもしれませんし、その長さのままきれいにまとめるようにする人もいるかもしれません。いずれにしてもまとめたスタイルにしたいときには長さを考えておかなくては、まとめようにも一部の髪が長さが足りなくてまとまらない、という事になってしまいます。

お手頃プライス!お得サロン

どこから見てもキレイなショートヘアをご提案
菊川にある美容室
最高のヘアスタイルをご提案すべく、接客、技術ともに“本物”にこだわっております
立川にある美容室
大森東口徒歩1分なのでお買い物の合間やお仕事帰りに最適です
大森駅 美容院 デジタルパーマ 縮毛矯正 安い 口コミ おすすめ